トピックスTopics

【協力店が400店舗を突破!】枚方市限定ポイント制度『ひらかたポイント』、制度開始2年経過し運営好調

FLNが運営事務局を務める枚方市限定ポイント制度『ひらかたポイント』は、協力店舗数が400店以上、アプリダウンロードは5,200以上、累計利用者数は65,000名を超えました。

株式会社フューチャーリンクネットワーク(本社:千葉県船橋市、代表取締役:石井丈晴、以下FLN)と北大阪商工会議所が運営事務局を務める、大阪府枚方市(市長:伏見隆、以下枚方市)の地域ポイント制度『ひらかたポイント』について、ポイントが貯まって使える地域の協力店舗数が400店を突破したことをお知らせいたします。

『ひらかたポイント』の概要

『ひらかたポイント(通称:ひらポ)』は枚方市が実施し、FLNと北大阪商工会議所が運営事務局を務める地域ポイント制度で、枚方市在住・在勤・在学の方を対象に、2019年1月15日より運営を開始しています。健康・長寿・子育てをテーマとして、検診・各種教室等の市の事業への参加や、協力店での買い物や飲食の会計で「100円につき1ポイント」が貯まります。貯めたポイントは「1ポイント=1円」として、協力店での会計で使えるほか、京阪バスポイントにも交換が可能です。

『ひらかたポイント』は、2021年4月1日よりスマホアプリ化しましたが、リニューアル後7ヶ月間でアプリダウンロード数は5,221に達しました。なお、2021年10月31日時点で、運営開始からの累計利用者数は65,815名、累計発行ポイント数は51,711,208ポイントとなり、枚方市内の生活に定着したサービスへと育っています。

■公式パンフレット「ひらポ活用ガイド」:https://hirakata.mypl.net/filedownload/?fd=de86a3ad66b61cb48c2be2fa11d54d6dc58a95cb_cms_pdf.pdf&pk=s3-img-origin02

『ひらかたポイント』協力店について

『ひらかたポイント』が貯まって使える地域の協力店は、2021年10月31日時点で406店舗となりました。
協力店一覧は以下のページでご紹介しています。
https://hirakata.mypl.net/shop/point

協力店のジャンルは小売店(生活雑貨、書籍、花、和菓子・洋菓子、弁当など)、飲食店、銭湯、クリーニング、美容室、整体、リフォームなどさまざまです。
※協力店への新規加盟については、以下のページで募集中です!
https://hirakata.mypl.net/article/hirapo_hirakata/47237

枚方市の発行ポイント事業について

『ひらかたポイント』がもらえる市の事業は、2021年10月単月でも36事業にのぼります。
具体的には、特定健康診査の受診で1,000ポイント、妊娠届出により2,000ポイント、健康教室への参加で100ポイント、認知症サポーター養成講座の受講で100ポイント、簡易アンケートへの回答協力で10ポイントなど、さまざまなジャンルの事業でポイントをもらうことが可能です。
詳細は以下のページでご紹介しています。
https://hirakata.mypl.net/article/hirapo_hirakata/50061

今後の展開

株式会社フューチャーリンクネットワーク 代表取締役
今後も市民が健康で生きがいを持ち住み慣れた地域で暮らすために、『ひらかたポイント』を活用した事業の拡大を予定しています。『ひらかたポイント』が市内をより循環するように、ポイント発行主体やポイントの利用先、市の対象事業の拡大に努め、枚方市民の生活をより豊かにすると共に、健康の増進に向けて取り組んで参ります。

■ひらかたポイント公式サイト
https://hirakata.mypl.net/article/hirapo_hirakata

■まいぷれの地域ポイント
https://ppp.futurelink.co.jp/point/

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社フューチャーリンクネットワーク
担当:経営統括部 鳴澤知美・橋爪康太
TEL:047-495-0525