[2020/9/17]

関西医大監修のスマホアプリで歩数を測定し、目標歩数を達成すると、枚方市内の店舗等で使える「ひらかたポイント」が当たる取り組みを開始しました。

株式会社フューチャーリンクネットワーク(本社:千葉県船橋市、代表取締役:石井丈晴、以下FLN)は、大阪府枚方市(市長:伏見隆、以下枚方市)、コガソフトウェア株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:古賀詳二、以下コガソフトウェア)と共同で、枚方市民の健康意識向上をねらい『ウォーキングアプリで地域ポイントが貯まる』取り組みを開始します。

関西医科大学健康科学センターが監修するアプリ「MFS PLUS」をインストールしたスマホを持ち歩くと、毎日の歩数が測定され、「1日8,000歩を毎月20日以上」の目標を達成すると抽選で100人に「ひらかたポイント500円pt」が当たります。

飲食店情報の集約とオープンデータ化までの流れ

取り組みの背景

枚方市は、すべての市民が健康で安心していきいきと暮らすことのできる「健康医療都市ひらかた」を目指し、2005年より市民一人ひとりが具体的に健康づくりに取り組むための健康増進計画を掲げています。
また、2019年1月からは、FLNが運営事務局となり枚方市限定の地域ポイント「ひらかたポイント(通称:ひらポ)」サービスが始まりました。ひらかたポイントは、健康・長寿・子育てなどさまざまな市の事業に参加した市民にポイントを付与し、貯めたポイントを市内の店舗で利用することができるサービスです。
これまでにも、ひらかたポイントを活用した健康増進に向けた取り組みを数多く実施してきましたが、あらたな施策として、ウォーキングアプリ開発会社のコガソフトウェアとの連携を含めて今回の取り組みが実現しました。

取り組みの概要

「MFS PLUS」をインストールしたスマホを持ち歩くと、毎日の歩数が自動的に測定されます。ひらかたポイントカードをお持ちの方が、利用申込をした上で「1日8,000歩を月20日以上」の目標を達成すると、抽選で100人に「ひらかたポイント500pt」が当たります。

専用ページから利用申込
②案内メールからアプリをダウンロード
③スマホを持ってウォーキング【1日8,000歩を月20日以上】
 ※キャンペーン対象の歩数記録は2020年10月1日から開始します。
④目標達成でポイントゲット!【抽選で100人に500ポイントが当たる】

今後の展開

ひとりでも多くの市民に健康増進活動に参加してもらうため、2020年12月までの期間限定キャンペーンを実施します。通常の達成目標期間の20日間が、10月は5日間・11月は10日間・12月は15日間と短縮されます。また、2021年3月までは、60歳以上の方に限り当選枠をさらに100人拡大します。普段運動をしない方も取り組みやすく、意欲が上がるようなしくみにすることで、健康意識の向上に寄与してまいります。

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社フューチャーリンクネットワーク
担当:経営統括部 柏原佳奈
TEL:047-495-0525