[2020/5/20]

飲食店のテイクアウト情報を「まいぷれ」とGoogleマイビジネスに同時配信する機能を強化することで、情報の一元管理を実現すると共に、消費者が即時に正しい情報を得やすい状態を作ります。

株式会社フューチャーリンクネットワーク(本社:千葉県船橋市、代表取締役:石井丈晴、以下FLN)は、新型コロナウイルス感染症による外食産業への打撃やテイクアウト需要の増加を受け、地域の飲食店が発信するテイクアウト・デリバリー情報を、全国539市区町村で展開している地域情報プラットフォーム「まいぷれ」とGoogleマイビジネスに同時配信できるサービスを開始しました。

飲食店情報の集約とオープンデータ化までの流れ

取り組み内容

全国539市区町村で展開する「まいぷれ」に掲載した情報をGoogleマイビジネスと連携し、一元管理することができます。これにより、臨時の営業時間変更や休業等の情報発信も、正確かつ即時に実施可能です。また、飲食店においては、「まいぷれ」にテイクアウトやデリバリーのメニューを登録するだけで*、GoogleマップやGoogle検索上にもテイクアウト・デリバリーの情報が反映され、消費者が情報を得やすい状態が実現しました。

*「まいぷれ」のメニュー機能を利用し「テイクアウト」「デリバリー」の項目を選択する必要があります。詳細はお問い合わせください。

背景

現在、新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛や、飲食店における店内飲食サービスの縮小により、テイクアウト・デリバリーサービスへの消費者ニーズが高まっています。需要に合わせテイクアウト・デリバリーサービスを新たに開始する飲食事業者も増加しており、今後も競争の激化が予想されます。このような状況下においては、即時に正確な情報の周知が重要である一方、各事業者には複数媒体での情報発信が求められ、運用負荷が発生しています。

2020年3月以降、「まいぷれ」では、飲食店以外にも、新型コロナウイルスの影響を受けている小売店・美容室・習い事教室などの多くの地域事業者を支援するために、「まいぷれ」内の店舗の紹介ページで各種の対応状況を発信・表示する機能をリリースしてきました。
今回、「まいぷれ」とGoogleマイビジネスとの情報連携を実施することで、各事業者の情報発信負荷を軽減すると共に、より市民が情報を得やすい状態を実現しました。さらに、その中でも情報量が多くニーズの高い飲食業のテイクアウト・デリバリー情報については、連携機能を強化し、より容易な情報連携を実現しています。

サービス詳細

「まいぷれ」とGoogleマイビジネスの連携サービスの詳細については、以下のサイトでご案内しています。 利用方法等についてもサイト内のフォームからお問い合わせください。

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社フューチャーリンクネットワーク
担当:経営統括部 柏原佳奈
TEL:047-495-0525