[2018/9/27]

2018年9月27日より、千葉県船橋市のインフォメーションセンターにて新たなコミュニケーション・ロボットを活用した実証実験が開始します。過去のスタッフの応対履歴や船橋の地域情報サイト「まいぷれ船橋」をデータベースにAIが来訪者の質問に対して最適な観光案内を行います。

株式会社フューチャーリンクネットワーク(本社:千葉県船橋市、代表取締役:石井丈晴、以下:FLN)は、船橋駅前にて同社が運営するインフォメーションセンター(以下:船橋インフォメーションセンター)において、船橋市と大日本印刷株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:北島義斉、以下:DNP)と共同で、新たなコミュニケーション・ロボットとタッチパネルディスプレイを設置・活用した観光案内サービスの実証実験を9月27日より開始します。船橋インフォメーションセンターにおけるロボットの活用実験は2017年1月より開始し、施設の利用客増加に寄与していましたが、今回の実証実験ではAIを活用したデジタルサイネージによってより詳細な情報提供を可能とし、スタッフ不在時の対応や利用者のスムーズな情報検索を支援します。

実証実験の概要

期間 2018年9月27日~2019年9月30日まで
場所 船橋インフォメーションセンター(千葉県船橋市本町4-2-20)
内容 船橋インフォメーションセンターにコミュニケーション・ロボットとタッチパネルディスプレイを新たに設置します。来訪者の音声による質問の内容をAIで分析し、最適な情報をタッチパネルディスプレイに表示し、コミュニケーション・ロボットが説明します。来場者は、タッチパネルディスプレイを操作し、より詳しい情報を得ることができます。対応する質問内容は船橋市内の施設案内や飲食店などのグルメ情報、開催されるイベント案内で、情報源は過去のスタッフの応対履歴や地域情報サイト「まいぷれ船橋」の保有データ、船橋市の発行するチラシ等です。インフォメーションセンターのスタッフ不在時の対応やスタッフの説明サポート、利用者のスムーズな情報検索を支援します。
ロボットによる対応イメージ

船橋インフォメーションセンターについて

船橋インフォメーションセンターは、2016年6月30日にJR船橋駅前のセブン-イレブン船橋駅南口店に併設するかたちでオープンした船橋市内のさまざまな地域情報を提供する施設です。18年間船橋の地域情報を配信してきた「まいぷれ船橋」が運営を担い、専属スタッフが市内の観光情報や特産品などの案内をしたり、船橋市が発行するさまざまなパンフレットやポスターを一度に見ることができたり、地域に密着した情報を発信する拠点としての役割を担っています。FLNはこの船橋インフォメーションセンターを拠点に、2017年1月24日より約1年間、船橋市とDNPと共同でロボットの活用における実証実験を行ってきました。スタッフによる街の案内に加え、16年間の「まいぷれ船橋」運営により蓄積してきた地域情報データベースやスタッフの応対記録を活かし、ロボットが来訪者に街の案内をすることで、船橋市内のさらなる回遊性向上をめざします。

今後の展開

FLNは、ロボットとの会話後に来訪者が回答するアンケートをもとに、船橋インフォメーションセンターのさらなるサービス向上を進めるとともに、地域の付加価値情報流通を担う民間企業として、地域情報データ利活用の事業化・多様化により努めてまいります。

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社フューチャーリンクネットワーク
担当:経営統括部 柏原佳奈
TEL:047-495-0525