[2018/10/19]

2019年4月を目処に、ふるさと納税の業務円滑化を目的とした専用管理システムの無償提供を開始します。自治体職員様の事務負担を軽減し、ふるさと納税がより意義のある制度として存続するよう支援します。

全国489市区町村をカバーする地域情報サイト「まいぷれ」を運営する株式会社フューチャーリンクネットワーク(本社:千葉県船橋市、代表取締役:石井丈晴)は、2019年4月を目処に、全地方自治体向けにふるさと納税業務管理システムの無償提供を開始します。同社は現在、24自治体において「まいぷれ」の運営体制を活用した地域密着型のふるさと納税業務支援を行っています。その業務支援の中で当社が開発した管理システムを、ふるさと納税に取り組むすべての自治体に無償で提供する予定です。これにより、寄附者が増えるごとに増加・煩雑化していく自治体職員様の事務作業負担を軽減し、ふるさと納税制度が本来の主旨に則り、より意義のある制度として存続するよう支援します。

Image

無償提供開始の背景

当社は2000年の創業以来、地域の付加価値情報を流通させることで地域活性化を実現することを目的に事業を展開してまいりました。現在、地域に根ざした123社の企業と共に489の市区町村にて259の地域情報サイト「まいぷれ」を運営しております。さらに、「まいぷれ」運営に欠かせない地元編集部の体制を活用し、地域ポイントの運営・子育て支援・防災情報配信など、様々な形で公共ソリューションを提供してきました。そのひとつとして、2015年からはふるさと納税委託業務を開始しています。

「まいぷれ」のふるさと納税委託業務では、地場返礼品開拓や取材・発信等のシティープロモーションから、受領証明書の発送・物流管理・コールセンター等の事務オペレーションまで、ふるさと納税運用に関わるあらゆる業務を代行し、増収だけではない”本当に価値あるふるさと納税”の実現をお手伝いしています。その中で、自治体職員様の事務作業負担を軽減するための専用システムとして「ふるさと納税管理システム」を自社開発してきました。

ふるさと納税の事務作業においては、専用システムを導入していない自治体では、寄附者管理・受領証明書発送管理・返礼品配送管理など、寄附が増えれば増えるほど管理が煩雑化し、自治体職員様の大きな負担になっています。そこで、全ての自治体に当社が開発した「ふるさと納税管理システム」を無償提供することで、より多くの自治体職員様の事務負担軽減に貢献します。これにより、事務作業に追われる職員様が、寄附金使途に関する活動や自治体をアピールする活動等に注力できるようになり、ふるさと納税制度が本来の主旨に則り、より意義のある制度として存続することを期待します。

ふるさと納税管理システムの特徴

本システムは、ふるさと納税の業務を円滑化するために構築された、専用のクラウド型ソフトウェアです。ふるさと納税寄附受付サイトから寄附者情報や返礼品情報を取り込むことができ、書類発送状況のステータス管理や返礼品発注に関するステータス管理、寄附者との対応履歴管理、統計データの出力等を行うことができます。機能詳細については順次発表予定です。

今後の展開

2019年4月より無償提供を開始する予定です。提供開始にあたっては、順次各地域で説明会を開始し、自治体職員様のスムーズな導入を支援します。また、システム提供以外の、地場返礼品開拓や取材・発信等のシティープロモーション、受領証明書の発送・物流管理・コールセンター等の事務オペレーションは引き続き有償サービスとして提供してまいります。

会社概要

社名 株式会社フューチャーリンクネットワーク
事業内容 地域情報流通事業、公共ソリューション事業、マーケティング支援事業
所在地 千葉県船橋市西船四丁目19番3号 西船成島ビル8階
TEL 047-495-0525
FAX 047-495-0625
URL http://www.futurelink.co.jp/

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社フューチャーリンクネットワーク
担当:経営統括部 柏原佳奈
TEL:047-495-0525