FLNらしいコミュニティを維持し、進化させる基盤作り。

経営統括部
柏原 佳奈 2014年 新卒入社
お茶の水女子大学 生活科学部 人間生活学科 生活文化学講座 卒

現在の仕事内容は?

会社としての基盤作りを担うコーポレート部門である「経営統括部」という部署で、経理・採用広報・人事労務などの仕事をしています。FLNが掲げる事業ビジョンの実現のためには、優秀な人材はもちろんのこと、パフォーマンスを最大化するための環境やしかけ、関係者やパブリックからの信頼を得続ける情報発信、事業戦略の方向性を決めるための正しい会計、信頼を勝ち取った上での資金調達など、ヒト・モノ・カネの必要資源がたくさんあります。そういった環境基盤を整えることで、事業推進を加速させることが現在の私の仕事です。
どんなに社員数が増えても、事業規模が拡大しても、人が入れ変わっても、『FLNらしさ』を保ちつつ組織として進化できるかということが、仕事をする上での大きなテーマです。

FLNへの入社理由は?

興味の入り口になったのは、社長・役員をはじめとする会社メンバー全体の事業に対する考え方です。
影響したのは学生時代にNPO法人で国際協力活動を行っていた原体験です。活動を通じて、誰かの課題を解決していくことの喜びを感じたとともに、ボランティア組織と企業のCSR部門の限界を感じてもどかしい思いをした経験があり、就職活動の際にも『仕事として社会課題解決を経験しながら、ビジネスマンとして成長できる場所を』と考えていたところにぴったりハマったのがFLNの考え方でした。
今考えれば、"利益と理念の両方を追求する"という姿勢はどの企業でも同じようにも思えますが、「儲かりにくい領域」で「儲かるしくみ」を作り、その上で誰かの負を解消していく、というFLNの覚悟感は唯一無二のものだと思います。

FLNってどんな会社?

いろんな相反する要素を両輪で追求しようとする、諦めの悪いコミュニティ(笑)。
「利益と理念」「リーチとリッチネス」「自由と個人の責任」「アナログとデジタル」「地域の当事者と支援者」「熱く夢を語り風呂敷を広げ、冷静に合理的仕組を構築する」などなど。一見どっちつかずのような気もするし振り切れていない気もするけれど、地域社会の中で誰かを切り捨てるのではない、一発大きな花火を打ち上げて終わろうなんてマインドでもない、本気で継続的な地域社会モデルを作るのだという姿勢がそういった会社のあり方に現れているのだと思います。

今後の目標

冒頭に現在の仕事内容を書きましたが、入社してからは部署異動を4回ほど経験しており、所属部署にはあまりこだわっておらず、今のFLNに必要なことをなんでもします!というスタンスでいます。今の自分にできなくても、できるようにすれば良い。その気概をいつまでも持っていたいと思っています。
生き物のように目まぐるしく動く組織の中で、常に自分のできる領域を広げながら、FLNのめざす事業成長と、それができる組織づくりの両方を担っていきたいです。