ochiai_kohei

誰もが前向きに楽しく生きていける社会作りのために

事業開発部 パートナーグループ
落合 孝平 2020年 新卒入社
慶応義塾大学 商学部 卒

どんな就職活動をしていたか

最初はいわゆる大企業を中心に就職活動をしていました。さまざまな業界の説明会に行きましたが、「ここで働いたら楽しいだろうな」とワクワクできる会社に出会うことがあまりできませんでした。
そうした理由から、規模や年数を絞らずに様々な会社の説明会にも行きはじめました。
会社を選ぶ上で大切にしたいこととしては「自分のする仕事と、それが社会に与える影響の『近さ』」「チームで仕事ができること」「情報を発信できる仕事」などあれこれ考えていましたが、1番大切だったのは「ここで働きたい」と思えるかどうか、でした。

FLNへの入社理由は?

第一印象は「いろいろやっていてよくわからない、でも楽しそう」でした。
「よくわからない」の理由は、地域に対して様々なアプローチをしており、事業の内容が多岐にわたるからでしょうか。
社員の方が会社や仕事について、着飾らず、しかし熱量が自然とこもるような話し方で説明してくださったのが印象的でした。
たくさん悩みましたが、入社の決め手になったのは「価値観」と「人」でした。
「価値観」という点では、内定後に社長と話している中で言われた「『チェーン店でビールを飲むよりもちょっと高いけど、あの人がやってるあのお店でビールを飲みたいよね』っていう価値観の広がる世界っていいよね」という言葉に深く共感したことが理由です。そうした社会を情報流通によって目指すために日々働くことに、とても魅力を感じました。
「人」という点では、内定後に様々な社員(若手から部長、社長まで)と話す機会をセッティングしてもらいました。社員とたくさん話す中で「この人たちと、この雰囲気の中でなら楽しさと成長を両立した働き方ができる」と確信できたこと。それが一番の決め手でした。

FLNってどんな会社?

入社前は多少のギャップは覚悟していたのですが、入社してみて、マイナスのギャップはありませんでした。それだけ採用段階で正直に伝えてもらえていたのだと思います。
むしろ入ってみてプラスに感じていることが多いので、3つご紹介します。

➀多様性がある
…社員がそれぞれ異なる考え方や背景を持っていて、働き方も様々。地域活性化にとても熱意を持っている人もいれば、他の部分にモチベーションを感じて働いている人もいます。それでも、大きな意味では全員が同じ方向を向いていると感じています。これだけ多様性がありながらまとまっているコミュニティは珍しいのではないかと思います。
一人ひとりの興味関心や学んできたことも違うため、仕事をしている中でそれぞれが自分の色を出して活躍しているのが印象的です。

②全員優しい
…多様性があると言いましたが、一つ共通しているのは「優しさ」です。まだ一年目ですが、先輩も同期も思いやりにあふれた優しい人ばかりです。誰かを頭ごなしに否定したり、他人を蹴落とそうとする人がいないため、自分にとってはとても居心地の良い環境です。人間関係のストレスがなく、人として尊敬できる社員ばかりなので、毎日心から楽しんで働くことができています。

③想像以上にチャンスが転がっていて、自分次第で可能性を広げられる
「任せてもらえる範囲が広いよ」とは聞いていたのですが、思っていた以上でした。
仕事をする中で、自分が課題意識を持っていること・やってみたいと思うことは、意見として発信して手を挙げれば、任せてもらえます。(もちろん何でもいいわけではなく、やりきる責任も伴いますが)
入社してまだ数ヶ月ですが、グループ内でパートナー(全国で地元のまいぷれ事業を運営してくださっている会社様)各社のSNS運用のサポートをして全国のまいぷれをよりユーザーやお店とつなげたいと手を挙げたところ、任せてもらうことができ、今まさに試行錯誤しながら取り組んでいるところです。

今後の目標

仕事としては、全国のパートナーが少しでもうまくまいぷれ事業を動かして、楽しく働けるように、サポートしていきたいと考えています。
人としては、任される人・自分から何かを作り出せる人になりたいと思っています。
先輩を見ていて、そうなるにはまだまだ知識も経験も足りないと感じているので、インプットとアウトプットを繰り返していきたいです。
そして、僕には「誰もが自分の生き方・自分のいる場所・自分が過ごすコミュニティを納得して選び、前向きに楽しく生きていくことができる社会をつくりたい」という想いがあります。
そのためにも、日々の仕事からたくさんのことを学び、たくさんの経験を通じて人として成長していきたいと考えています。