ami_morita

「まいぷれを始めて良かった!」と顧客に成功体験をもたらす仕事

まいぷれ編集部 営業グループ カスタマーサクセスチーム
森田 愛海 2017年 新卒入社
東京大学大学院 人文社会系研究科 文化資源学研究専攻 文化経営学専門分野 了

現在の仕事内容は?

まいぷれに掲載していただいている地域のお店や教室の方々が、まいぷれのWeb広告機能だけではなく、地域でのコネクションや販促物等の制作、経営者にとって有益なノウハウの提供など、まいぷれ編集部が持っているありとあらゆるリソースを最大限に活用してもらうことで、お店の理想の未来像を実現してもらうことが目標です。 そのために、ときには一緒に悩み、一緒に喜びながら、顧客に寄り添って"サクセス"してもらうためのサポートを日々行っています。

FLNへの入社理由は?

大学院で『アール・ブリュット』という芸術的概念を研究し、誰にも知られていなかったもの、価値を認められていなかったものがどのような仕組みで公立美術館で価値あるものとして展示されたのかを調査するうちに、地域政策や市民活動にも関心を持つようになり会社説明会に参加。「地域活性をビジネスで実現する」という命題が自分が持っていた「アートは収益化しづらい」という課題感と重なり、FLNで得られる経験を元に、アートを取り巻く環境を変えられるのではないか?と感じました。あとは上下も性別も関係なく仕事を任せられる、自由な組織風土が最後の決め手でした。

FLNってどんな会社?

役員面接で「私はこういう事業を行いたい、と提案したら実現できるんでしょうか?」と質問したときに、「それがビジネスとして成り立つんなら全然ええよ」とシンプルに肯定してもらい、実際に1年目で提案した地域コミュニティ向けの情報発信プラットフォーム「コミュチカ」をローンチすることができました。ときには暖かく、ときには厳しくアドバイスをもらったりしながら、年次に関係なくチャレンジさせ、互いに干渉しすぎないちょうど良い距離感で仕事ができる環境だと思っています。

今後の目標

まずは、今ご契約をいただいている方々を成功に導いて売上を上昇させることは至上命題として。その先に、地域の中に隠れているけれども、大切な役割を担っている「コミュニティ」やそこから生まれる「文化」がもっと可視化され、存在を認められ、ときには地域の人たちが活動に参加してみることで、地域に住まう様々な人達の生活が豊かになる社会を実現したい!と企んでいます。