saso_yushi

まいぷれ編集部のバランサー

まいぷれ編集部 部長 
佐宗勇志  2013年 新卒入社
名古屋大学 情報文化学部 社会システム情報学科 卒

現在の仕事内容は?

まいぷれ編集部の責任者を務めています。
・地域の付加価値を発見・発掘、必要とする人に届ける
・それを売上・利益を上げながら実践する
この仕組みである、地域情報プラットフォーム「まいぷれ」の運営をチームで担っています。 全国のまいぷれ編集部の本部として、常に最前線で新しいチャレンジを行い、再現性のあるノウハウを構築することをミッションとしています。 部長としてチームでこのミッションを達成することが仕事です。

FLNへの入社理由は?

当初、仕事として地域活性に携わりたいとは全く思っていませんでした。 「自分に何かやりたいことができた時に、様々な選択肢を持ちうる状態でいたい」という考えをもとに就活をしており、自らのスキルアップに最も適した環境だろうと思えたことが入社理由です。
・ビジネスとして地域活性を実践するという社会的意義の強さと難易度の高さ
・環境も十分に整っていない状態で会社を創る側として関われること
・誘ってくれる社長・役員・社員の皆さんの熱意・雰囲気
この3点から自分のファーストキャリアに適した環境だろうと感じられたのが理由です。

FLNってどんな会社?

・当事者意識さえもっていれば、どんどん首を突っ込んでいける環境
気になるプロジェクトには飛び入り参加したり、チャットツールでコメントいれたり。裁量なんて言葉で制限されるような範囲がないです。

・いい意味でおせっかいな人が多い(一方で引っ込み思案な人も多いかな…)ところ。
互いが気にしあっていて、頼られたら全力で答えてくれる人が多いです。一方で頼られるまではじっと我慢して見守ってくれる人も多いと思います。こういう人たちをうまく頼っていく必要はあるかな。

・悪意をもった行動をする人が全くいないこと
すごく重要だと感じる。全員が同じ目標を目指しているという目線合わせができていれば(これが結構難しいんだけど)、それ以上にルールで縛る必要がないと考えています。互いを信頼できる人同士で仕事ができる会社であることは、高度な技術やテクニックを有していることよりも大きな資産だと思います。

今後の目標

自分に限って言えば、
「自分が何かやりたいことができた時に、様々な選択肢を持ちうる状態でいたい」
という軸は変わりません。

そのために、仕事のスタンスとして気を付けているのは
・チャンスは基本的にすべて拾う(頼まれごと、相談ごとなどに主体的に首を突っ込む)
・自分が関心を持っているテーマについて、その時の仕事に入れ込むスキを常にうかがう、そして入れ込む
という2点を意識しています。