社長コラム 導火線
       

※本コラムは、ご支援いただいている「まいぷれ」掲載店様やお取引先様に、毎月一回「まいぷれ」の活動をお知らせする会報誌「まいぷれ通信」に掲載しています。

今回の内容をざっくり言うと…

  • 訪日外国人向けのサービスを実証的に開始
  • ガイドブックにはない情報を求める傾向
  • 地域に根ざした日本のローカル情報を発信

[2015年5月5日]

訪日外国人向けのサービスを実証的に開始します。一つは、中国の大手SNSサイトへのお店情報の配信事業、もう一つはガイドブックに載らないようなローカルの魅力を、訪日する方にお届けするポータルサイト「Japan LocalGuide」の開設です。

以前にも本稿で書かせて頂きましたが、訪日される外国人の数は年々増え続けています。中国、韓国、台湾の方々はもちろん、タイ、フィリピン、マレーシアなどの他のアジアの国々の方々や、欧米の方々まで幅広く来日しています。嬉しい限りです。
来日され、秋葉原で買い物をし、ガイドブックに載っているようなスカイツリーや富士山を見て、京都を楽しんで頂くのもいいですが、折角日本に来て頂いているのであれば、もっと広く深く日本を楽しんで頂きたいものです。
風光明媚な日本の地方や、歴史ある文化、さらには地域に根付いた個性的なお店など、日本のローカルには魅力が沢山あります。

最近では、初めて日本にいらっしゃる方だけでなく、2度、3度とリピーターになってくれている方もいるとのこと。団体旅行で来たのをきっかけに、2度目以降は個人旅行で来られる方も多く、そういう方はガイドブックに載っていないような体験を探し求めています。
地域に根付いたローカル情報を発掘し、配信する事を担っている「まいぷれ」として、訪日外国人に魅力あるローカル情報を配信することで、地域活性化に貢献することも重要なテーマだと考えています。

単に日本語の情報を翻訳するだけでは決して魅力は伝わりません。どんな情報を、どのような表現で、どんな方法で伝えていくべきか。課題は沢山ありますが、日本のローカルの魅力発信を担うべく、挑戦してまいりたいと思います。

(株)フューチャーリンクネットワーク
代表取締役 石井 丈晴