[2017/01/24]

地域共通ポイントサービス「石垣島ゆいまーる」と連携し、地域情報を活用し、石垣島の回遊性向上をめざします

全国215エリア(368市区町村)で地域情報サイト「まいぷれ」を運営する株式会社フューチャーリンクネットワーク(本社:千葉県船橋市、代表取締役:石井丈晴、以下FLN)は、石垣島ゆいまーる事務局(事務局:石垣市商工会内 会長:我喜屋 隆)と協働で、沖縄県石垣市のイベント・市民活動・地域の店舗など、地域に密着した情報を発信する地域情報サイト「ゆいまーる」を2017年1月21日にグランドオープンしました。石垣市で2014年より展開している地域共通ポイントサービス「石垣島ゆいまーる」と連携し、地域の情報と価値の流通により、石垣島の活性化に貢献することを狙います。

サイトオープンの背景

石垣市は石垣市商工会と協働で2015年に全国で初めてとなる電子クーポンを採用したプレミアム商品券「石垣島ゆいまーるプレミアムクーポン」を発行し、先駆的な事例として話題となりました。この際に整備した環境を活用し、地域共通ポイントサービス「石垣島ゆいまーる」と地域情報サイトの連携による効率的な情報発信により、地域内の回遊性を向上させる「地域ポイントカードを活用した新たなゆいまーる創出」事業が、2016年3月に石垣市が策定した地域創生総合戦略に採用されました。

石垣島の地域情報サイト「ゆいまーる」の特徴

FLNは地域に密着した情報を地域住民の方に届ける「まいぷれ」を全国368市区町村で展開しています。今回石垣市にオープンする地域情報サイト「ゆいまーる」は、「まいぷれ」のしくみを活用し、地域の施設・お店からイベント・サークルまで、さまざまな地域情報を収集・配信します。地域共通ポイントサービス「石垣島ゆいまーる」に加盟している店舗はすべて掲載されています。今後はグルメや医療など暮らしにかかわるさまざまなコンテンツを配信します。現地の運営は、石垣市商工会と有限会社アルスライフサポート(本社:沖縄県石垣市、代表取締役:黒嶋克史)とが協働で行います。

「DNP地域生活者ナビゲーション」活用による観光客誘致の取り組み

2016年9月に資本・業務提携を発表したDNPが提供する送客(O2O)サービスである「DNP地域生活者ナビゲーション」と組み合わせて、市民や観光客の消費活動を促すしくみを構築します。地域情報サイト「ゆいまーる」上に掲載される店舗別のQRコードをユーザーが読み込むと、店舗が配信するクーポンが受け取れるようになります。店舗は自分の店に興味をもつ地域住民や観光客に対して効果的なPRを行うことができます。また、配信するクーポンは多言語(英語・韓国語・中国語)に対応しており、海外からの観光客にも情報を提供することが可能です。

今後の展開

地域共通ポイントサービス「石垣島ゆいまーる」との連携をさらに深め、地域情報サイト「ゆいまーる」上でポイントの残高が確認できる機能追加を予定しています。また、2017年4月以降は地域店舗からの広告収入による独立採算をめざし、事業化に向けて取り組んでまいります。

地域情報サイト「ゆいまーる」ロゴ


地域共通ポイント「石垣島ゆいまーる」ロゴ

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社フューチャーリンクネットワーク
担当:経営統括部 尾辻万葉
TEL:047-495-0525