社長コラム 導火線
       

※本コラムは、ご支援いただいている「まいぷれ」掲載店様やお取引先様に、毎月一回「まいぷれ」の活動をお知らせする会報誌「まいぷれ通信」に掲載しています。

[2014年8月5日]

前号でご案内しましたが、まいぷれ船橋版で「ふなばし人脈駅伝」というコーナーを始めました。
「テレフォンショッキング」のようにリレー形式で人を紹介して頂き、インタビューする企画です。

魅力的な方々がそれぞれの活動や想いを語ってくださるのを、いつも楽しみに読んでいます。
船橋で長らく商売している私でも、お名前は存じ上げていても、どのような想いで、どんな活動をされていたのか知る機会がない方がまだまだ沢山いらっしゃるなと改めて感じます。

Facebook等のSNSで、「誰と誰がつながっているか」は比較的わかりやすくなりました。
クリック一つで「お友達」申請もできます。でもそれは表面的なつながりのみで、どんな関係なのか、どんな方なのかまではなかなかわかりにくいものです。
また「紹介」という行為は、紹介する人と紹介される人の信用があってこそ成り立つものです。
このような人と人との関係性も直接お目にかかって紹介されてこそ感じられる物だと思います。

SNSのようなコミュニケーションツールの発展により、人間関係が幅広くなりました。
Facebookで、すっかりご無沙汰だった人と友達になり、それとなくつながっていられます。一方、幅の広がりと反対に、密度は薄くなっているのかもしれません。
そんな時代だからこそ、むしろ濃密な関係は価値を増していきます。
お店とお客、主催者と参加者、来訪する側と迎える側、「まいぷれ」は地域においてこの両者をつなぐ、濃密な人間関係のハブになっていければと思っております。

(株)フューチャーリンクネットワーク
代表取締役 石井 丈晴